明日の最終本会議に注目!ぜひ傍聴を

2013年12月18日 17時45分 | カテゴリー: トピックス, 国立市議会関係

12月6日に始まった国立市議会が、明日19日に最終日を迎えます。
今12月議会では、初日に“特定秘密保護法案を廃案にするよう求める意見書”が採択されたことが、新聞各紙でも取り上げられました。

議員有志で配布した秘密保護法案廃止を求めるチラシ

明日の最終本会議では、各委員会に付託された46の議案と3つの陳情のほかに、以下の議員提出議案が採決されます。

◇権利の放棄についての決議案

◇後期高齢者医療保険料の軽減を求める意見書案

◇猪瀬都知事が医療法人から巨額の資金提供を受けた問題の徹底解明を求める決議案

◇地方税財源の拡充に関する意見書案

◇悪質運転による交通事故被害者をなくすために、さらなる法整備等を求める意見書案

なかでも、「権利の放棄についての決議案」は、現在訴訟中の元上原市長に対する損害賠償金の請求の権利放棄を市に求める議案です。

提出された「権利の放棄についての決議案」


このことについて、本日付の朝日新聞でも取り上げられています。

議会は、10時より始まりますが、陳情等の採決は、午後になる見込みです。
降り出した雨が、雪になるとの予報もありますが、
ぜひ、明日は議会傍聴にお出かけください。