常設・実施必至型 住民投票条例に関する陳情 2月18日総務委員会にて否決!

2013年2月20日 16時37分 | カテゴリー: トピックス

住民投票を実現させる会(代表 大島崇)とともに東京・生活者ネットワークが取り組み、1万0275筆の署名とともに提出された常設型(実施必至型)住民投票条例の制定を求める陳情は、2月18日都議会総務委員会で審議されました。理事者への質問という形で審議が淡々と進められ、民主、共産、ネットが賛成、自民、公明が反対。7対7の可否同数で、委員長裁決により否決されました

賛否は以下の通り

【賛成委員】
 山下容子副委員長(民・青梅)
 原田大理事(民・北)
 吉田信夫理事(共・杉並)
 星ひろ子(ネ・昭島)
 佐藤由美(民・葛飾)
 西岡真一郎(民・小金井)
 小沢昌也(民・墨田)

【反対委員】
 中山信行委員長(公・足立)
 鈴木章浩副委員長(自・大田)
 橘正剛理事(公・板橋)
 中屋文孝(自・文京)
 谷村孝彦(公・北多摩第一)
 吉原修(自・町田)
 服部征夫(自・台東)
 川井重勇(自・中野)

この後、最終本会議にて諮られます。3月28日午後1時から。午後12時より傍聴券が配られます。