ご存知ですか?「東京アメッシュ」

2012年7月11日 21時00分 | カテゴリー: トピックス

急な雷雨や竜巻も、そうですが、ちょっと買い物に出るときに洗濯物を外に干したままで大丈夫なのか、今日は傘を持つか持たないか・・・など些細なことですが、やはり気になりますよね。
携帯電話やインターネットのお天気サイト、また地デジのお情報ボタンなど、かなり自分の生活圏内の正確なお天気情報をみることが出来るようになり、本当に便利になりました

東京アメッシュとは、東京都の下水道局が昭和63年に導入した「降雨情報システム」のことです。
平成13年度にシステムを更新し新「東京アメッシュ」を稼動しました。飲み水にも利用される雨ですが、集中豪雨などで浸水被害を引き起こす原因にもなるため、下水道施設の運転に、雨の情報を正確に知ることが必要です。
平成19年度からは、近隣自治体の降雨情報を取り込み、精度がさらに向上したそうです。

インターネットでは、「東京アメッシュ」と検索すると、降水情報の画面にアクセスできます。(これは、東京都の登録商標だそうです!)
関東の雨雲の状態が一目でわかり、2時間前からの状態も再現できますので、雲の速度がどれぐらいなのか? また、それまでの雲の流れの経緯をみることができます。
また、多摩地域を3分割、区部を2分割した地域で拡大表示できるので、雨の強さや量なども読み取れますが、ただし、予報ではないので、現在以降についての情報はありません。

情報提供のスピード化が進む中、そんなことまでリアルタイムに知らせてくれなくても・・・と思うことも多いのですが、昔から、お天気情報だけは、老若男女を問わず、生活に密着して欠かせないものです!(^^)!

東京の梅雨明けも、平年ならあと1週間。
明ければ、今年も猛暑が待っているのでしょうか?

原発を動かさなくては、夏が越せないとか言われているようですが、昨年、計画停電を体験した私たちは、節電するという意識や知識をずいぶん身につけてきていますよね。

これからは、夕立とのお付き合いも多くなりますので、興味ある方は、ぜひ1度アクセスしてみてください。(携帯でも見られます。)