1日で終わった最終本会議!

2010年3月27日 02時25分 | カテゴリー: トピックス

2010年国立市の予算決まる

 国立市議会 2010年第1回定例会は、24日の最終本会議をもってすべて終了しました。

 最も注目された予算案も原案どおり可決され、4月より関口市政4年目の予算執行がスタートします。

 一般会計の予算規模は、255億94百万円。
 市税も落ち込む中で、生活防衛のための扶助費等がかさみ
 赤字は免れない財政状況は、誰もが認めるところです。
 今会議では、そこをどう判断し運営していくのか、
 市民が望ん でいる“まちづくり”とはどんなものか、
 議員一人ひとりにも 問われる予算審議となりました。

 予算に賛成したのは、7つの会派
 生活者ネット・みどりの未来・自民党新政会
 公明党・名政会・政和会・つむぎの会の16人。

 反対したのは、4会派
 日本共産党・民主党・社民党・こぶしの木の7名という
 与党、野党とは区分けしがたい賛否でした。

 生活者ネットとしての考え方は、板谷のり子のHPに会派代表討論を掲載しましたのでぜひご覧ください。

 また、昨日26日には、国立駅南口駅頭にて朝遊説を行い、山内れい子の都議会の経過報告とともに、3人の市議がそろっての報告をしました。 
 都議会は、30日が最終本会議です。こちらは、予算案がすんなりとおるのか!?
 朝遊説は、毎週金曜日 7時〜8時に国立駅南口駅頭で行う予定です。