正義=争い=暴力=?

2009年9月11日 18時33分 | カテゴリー: トピックス

ある昼下がりのまちかどで

 国立市議会で4日に生活者ネットワークの3人は一般質問を行いました。
 事務局長はインターネット配信の声を聞きながら、もう一人は家で配信映像を見ながら傍聴(?)いたしました。内容は各自HPにて順次更新しております。ごらんください。

・・ひとり言していいでしょうか。
 先日、平日の午後、我が家のベランダで洗濯物を干していたら(←なんで午後?とは突っ込まないように)急にキキーッという音と「何やってんだテメェ!」という声がななめ下の道路から聞こえてきました。どうも左端を通行の自転車に正面から来た右側通行の自転車がかすったらしい。というのが怒った口調の男性の言葉から想像がついた。かなり怒っているのだが、とにかく接触された方が「謝れ!」・・「ああっ、すいませんね。」・・「ちゃんと謝れよ」・・「だから謝ってんじゃないか。」・・・
 とうとう、接触された側が「お前が違反してんじゃないか」と言い張ったまま怒り頂点に達し、足で相手の乗ってる自転車に横から蹴りをいれる。やられた方は仕返しにやはり自転車の横に蹴りをいれる。
 通行中の人や車はその場に立ち往生、どうしてよいか判らず立ち尽くすばかり(狭い道路の真ん中に自転車2台転がってますから)。
 結局、携帯で110番通報(たぶん)をしようとした隙に最初に蹴りをいれた男性が捨て台詞を残して逃げ去り一段落しました。
 受話器を持ちかけていた私は、「終了して良かった。」と思いましたがちょっと考えさせられる出来事でした。
 もし、同じように接触したふたりがまったく別の二人だったら私は何も気づかずに洗濯干しを続けていたでしょう。

 ところで、自転車と言えば、最近マナーの悪さが目につきませんか?「自転車のにあうまちづくり」も素敵ですが、みんながルールを守る気持ちのゆとりが持てるといいですね。